Date

タイ旅行2日目の続き。
2日目の深夜便で帰国。
一旦シンガポールのチャンギ国際空港まで行って、そこから関空に戻る。
トランジット時間はまさかの8時間!!

ドンムアン空港出発

まずはとにかくドンムアン空港。
1日目の失敗を受けて、3時間前にドンムアン空港に到着。
諸々手続きして、VATの申請して出国。
の前に腹ごしらえ。
グリーンカレーを注文。
結構出てくるのに時間が掛かったのでドキドキしたけど、無事ゲートイン!からの搭乗。
そして離陸。

まぁイミグレ前で変なインド人が割り込もうとしてきたり、
VATの手続き中にインド人と中国人に割り込まれそうになったり、
セキュリティゲートで2人ほど中国人に抜かされたり、
色々あったけど、無事離陸。
いいか、黙ってたら割り込まれるぞ!!気をつけろ!!!!

チャンギ空港到着

バンコク ドンムアン空港を出て、チャンギ空港に着いたのが深夜2時ごろ。
今回のチャンギ空港でのミッションは、

  • SIMカード確保
  • バタフライガーデン
  • サンフラワーガーデン
  • スタバのカップ購入

の4つ。
順に進めて行く。

SIMカード確保

まずはなによりもSIMカードを確保。
これは前もって24時間SIMカードが購入可能ってのを調べてたので、楽々達成。
ついでにエクスチェンジもしてもらった。
なんだかんだで1800THBも残してたからちょっとした小金持ち気分。
そして、SIMカードコレクションは4種になりました。

とりあえず荷物を預ける

荷物は全部機内持ち込みだった為、重いし邪魔。
ということで預けてみた。
なんか、ラップトップが入ってると検査に時間が掛かるとか言われたので、取り出して持ち歩くことにした。
バックパック2つで20SND(1800JPY)くらい。

ぶらぶら

到着したのが深夜ってこともあってあんまりお店も開いてなかったので適当にぶらぶら。
バタフライガーデンはターミナル3にあるらしいんだけど、到着したのがターミナル2で歩くと30分くらい掛かるらしい。
空港広すぎだよ、全く。
なので、まずはサンフラワーガーデンを目指した。
暗いので微妙だったけど、綺麗なひまわりが大量に植えてあった。
割と綺麗。
明るい時に見たかった。
次はちょこちょこ軽食つまみながら移動しながらで、朝5時くらいにターミナル3に続くスカイトレイン(無料)が動きだしたので、
バタフライガーデンのあるターミナル3に移動。 ぶっちゃけこっちの方が色々あって楽しかった。
バタフライガーデンは、綺麗よ。
ただ、なかなか衝撃的なものがあったので、機会がある人は見に行って欲しい。
ほんと、えぐい。

衝撃のおばちゃんとの会話

そんなこんなでターミナル3でちょっと休憩。
休憩してたら、欧米系のおばちゃんが、席空いてる?と訪ねてきたので、もちろん。とだけ答えてスルー。
そしたらさ、おばちゃんがペットボトルの水を開けようとしてるんだけど、開かないのね。
多分握力弱ってるんだろうなーってことで開けてあげた。
俺、紳士。
とか思ってたら、おばちゃんっては、ペットボトルにお箸突っ込んでんの。
んで、変なことなんてなにもないぜ!!のごとく吸い始めたのね。
でも吸えない。
当然。
だって、それはストローじゃないもの。お箸だもの。
やさしーく教えてあげて、おばちゃんと会話してたの。
チャンギでトランジット8時間なんだって言ったら、
「Oh!KRAZY!!」
だってさ。
いや、KRAZYはあんただよ...。と思ったけどスルー。
おばちゃんはどこかに消えて行きました。

ぶらぶらその2

おばちゃんも消えたし、時間もいい感じだしってことでターミナル2に戻りつつ、再度ぶらぶら。
お腹も減ったしサブウェイで軽く食べて、休憩。
やっぱりサブウェイはうまいよね。

荷物受け取る

サブウェイ後は預けた荷物を受け取って、ゲートに向かう。
時間は余裕。
でも今回はなんか嫌な予感がしたので早めに移動。
結果、何もなかった。

フライト

ゲート潜って、機内に入って、特に何事もなく離陸。
快適な空の旅というか、機内のキッズが結構うるさくて萎えた。
すぐに寝たけど。

3日目総括

3日目で思ったこと/今後注意すること

  • トランジットは割と楽しい
  • 帰りは深夜便で帰る方が良い

旅行総括

今回の旅行は一泊三日とかいう弾丸of弾丸な日程だったけど、その分ちょいと詰め込んで楽しんだ。
3日間だったけど、なんか1週間くらい遊んだ気がした。
レートがちょっと悪くても国内で前もって両替しておくと現地に着いてから楽だったのも発見。
あと、相変わらず米ドルさいつよ。
それと、バンコク市内を移動する時はBTSがすっげー便利。
日本でもそうだけど、駅チカ物件は良い。
次回行く時も駅チカホテルを抑えつつ、移動はBTSメインが良さそうかな。