Date

2019年冬の旅行はベトナムにした。
ベトナムは初めてなのでお上りさん感満載で楽しみつつ、スリやぼったくりに気を付ける。

と、言っても今日は移動日なので特に面白い話はなし。
朝5時に自宅からタクシーで京都駅に向かい、
はるかに乗って朝7時に関空に着いた。
webチェックイン済みなので荷物を預けてさっさと出国。
このあたりは流石に何度も経験したので早い。

09:10に関空を出発して、途中台北で2時間ほどトランジット。
ベトナムのタンソンニャット国際空港に到着したのが現地時刻の16:00頃だった。
しかし、ここからが長かった。

まず、イミグレがめちゃくちゃ混んでいた。
しかも、途中で1つのゲートが閉じてしまい、僕らが並んでいる列が隣の列とマージされてしまった。
そこで時間がかかり、結局入国をしたのは17:00頃になった。
その後、空港内で10,000円をベトナムドンに両替した。
空港のレートで10,000円が2,100,000ベトナムドンになった。 今回の旅行ではこれを基準のレートとして動くことになる。

現地通貨を手に入れた次にするのはネット環境の確保だ。
僕も妻もSIMフリーのiPhoneにしているので基本的に現地のSIMカードを使うようにしている。
今回は2人共ViettelのSIMカードにした。

ネット環境を確保したので、タクシーを拾ってホテルに向かった。
今回はいつものExpediaではなく、Agodaを使ってホテルを探した。
値段は1伯6,000円弱。
部屋は広くて、毎日水とジュースが2本ずつ補充されるのがよい。
ただ、シャワーの水圧はちょっと低め。

ホテルに荷物を置いて、晩ご飯を食べるために街に出た。
まず驚いたのが交通量の多さ。
夏に行ったカンボジア旅行の時とは比べ物にならないくらいのバイクの量だった。
バイクは信号を守らないので、横断歩道が青だったとしても注意して渡らなければいけない。

入ったお店は日本語で料理をおすすめされたり、勝手に取り分けてくれたりとサービスはよかった。
しかし支払った金額は予想よりも多くて、「やられた?」という感じだった。
まぁ初日だし、いまいちわからないのでとりあえずシャワーを浴びて寝ることにした。
シャワーの水圧はちょっと弱いけど、お湯は出るし、珍しく浴槽も大きいのがよかった。
エアコンの効きも悪くない。
明日は観光と買い物をする予定だ。