Date

自作味噌のある生活はQoLが上がる

自作味噌のある生活はQoLが上がるのか。
それをちょっと考えてみた。

自作味噌?

詳しくは2018-12-10を参照。
自宅で大豆を煮て、麹と合わせて味噌を作るようになった。

味噌を使って作るもの

  • 味噌汁
  • 西京焼き

たったそれだけでQoLが上がるのか

結論:めっちゃアガる。
やばいくらいおいしい。
味噌がうまいと出汁を適当にとってもおいしい味噌汁ができる。

味噌がおいしいだけじゃない

まぁ味噌がおいしいのは当然なんだけど、
おいしい味噌を使ってるんだし、出汁をきちんと取ろうかなって気になる。
僕の味噌汁は昆布と鰹の合わせ出汁だけど、どうしても面倒な時は和風だしの素とか使ってた。
でも、自作味噌を使う様になってから面倒でも出汁を取る様になった。
だってさ、せっかくおいしい味噌だよ?だったら出汁もおいしい出汁、取りたいじゃん?
結局、味噌がおいしい+出汁もおいしく取る = 味噌汁がおいしい
ってこと。

手間的には?

手間は前回でも書いたけど、それなりにある。
でも、発酵処理自体は機械任せだし、そこまで大変じゃない。
時間も大豆を水に浸ける以外はトータル1時間くらい。
あとは発酵させて翌朝冷蔵庫にいれるだけ。

コスト的には?

コストはちょっと悪いかもしれない。
市販の味噌がいくらかわからないから自作味噌のコストだけ記載。

材料

単価計算

大豆

Amazonだと1kgで730円くらい

乾燥麹

Amazonだと800gで800円くらい

Amazonだと1kg370円くらい

大豆の煮汁

大豆を煮る工程があるんだけど、その煮汁を200ml分避けておくだけ

山善 発酵美人

Amazonで4000円くらい

まとめ

イニシャルコストとしては山善の発酵美人が4000円とちょっと大きいけど、
味噌だけじゃなくてヨーグルトとか塩麹とか作れるし、まぁそこは…って感じ。
市販の味噌と比べると手間とかの面でちょっと割高感はあるけど、それでもおいしさには変えられない。
味噌だけじゃなく、市販のものを自分で作るってなるとこんなに大変なのか…!っていう発見があって楽しいし
なにより、作ってる時は「なにかを生み出してる」感があって、それはそれでアガる。
料理に抵抗がないならやってみる事をお勧めします。