Date

今日はお昼から親知らずの抜歯をする為に市立病院に行ってきた。
と、言ってもいきなり抜歯はできないので抜歯の為の診察をしてきた。

さいしょの抜歯

僕が初めて親知らずを抜歯したのは、22歳くらいの頃だ。
正確な日付とかは覚えていないけど山口県で抜いたことは覚えている。

診察に行って、次回抜きましょうねーって感じだった。
今日改めてわかったが、右の上に生えてる親知らずを抜いた。
(今日まで僕は左右の上は親知らずを抜いたものと思っていた)

京都での抜歯

ずっと奥歯に違和感があったので、親知らずを抜こうと思い
近所の歯医者に行った。
すると、どうも横に生えているとのことで市立病院の紹介状を書いてもらうことになった。
これが、2019年の5月とかの話。
つまり僕は1年近く放置していた。
では、なぜ改めて抜歯をすることにしたのか。
理由は、単純に歯が痛いことがあるからだ。
どうも、僕の右下の横向き親知らずは虫歯になっているようで、よく食べ物が詰まる。
食べ物が詰まるとそこから歯が痛くなる。
歯が痛くなるとそっちに集中力が取られてしまい、結果として生産性が落ちている。
と言うわけで親知らずを抜くことを決意したのだ。

市立病院に向かう

僕の家から市立病院までは約3km。
歩いて行けないこともないが、最近リモートで仕事をしているのでバスに乗ってないなと思い
最寄りのバス停からバスでいくことにした。
大体15分くらいバスに乗っていると、市立病院前のバス停に着いた。
バスに乗っている間は、Apple tv+でダウンロードしてあるフォーオールマンカインド をみていた。
15分なのでめちゃくちゃ中途半端になった。

受付~診察まで

予め電話で15時から診察の予約をしてあったので、14時半過ぎ位に受付を始めた。
総合受付で最初に番号を呼ばれた時点で15時になっていたが、まぁそこは仕方ないと諦めた。
ただ、時間が決まっているものが遅れるとお腹が痛くなるので勘弁してくれると助かる。
あと、じーさんばーさんが多かった。

診察~支払いまで

診察をする歯科口腔外科は2階なので、書類を持って向かう。
すると、問診票を渡されたので書いた。
血圧も測ってきてと言われるので近くの血圧計で測定して印字された紙と一緒に記入した問診票を渡す。
すると、次はレントゲンを撮るので1階へどうぞと。
え、さっきまで1階にいましたやん!!
と一瞬思ったけど、言われた通りに1階でレントゲンを撮ってもらって再度2階に行く。
名前を呼ばれて診察開始。
診察はわずか10分程。
めっちゃ早い。
一度抜いてるし、リスクがどうこうとかも知ってる前提で話をしてくれたっぽい。

来週の同じくらいの時間に右下の横向き親知らずを抜くことになった。
できれば一気に残っている3本を抜いて欲しいと伝えると、その場合は入院とかすることになるらしい。
入院は面倒なので、都度抜いていくことになった。
支払いは番号を渡されて番号が表示されたら自動支払機か窓口で支払う。
自動支払機は現金で、窓口だとクレジットカードが使える。
面白いので自動支払機で支払ってきた。
レントゲンを撮ったのに2500円だった。
3割負担最高だぜ!と勝手にテンション上げて帰った。

まとめ

病院から自宅まではバスで帰ってたが、最寄りバス停1個手前で降りて歩いて帰ってきた。
まぁ本番は来週の火曜日なのでなんともまとまりがない。
初めての抜歯という訳ではないが、市立病院みたいな大きなところはなかなか行く機会が
ないのでテンションがあがったのは間違いない。