Date

僕の仕事はプログラマなので、基本的には終日iTerm2の中にいる。
業務上の連絡ツールは社内はSlack,社外はメールとなっており、たまに電話対応もする。
基本的に終日iTerm2の中にいるので、できるだけiTerm2から動きたくない。
そこで、ターミナル上で動作するSlackクライアントを探していた。
どれもかゆい所に手が届きそうで届かないので、悩んでいた。
そして、最近weechatのslack scriptがあることを見つけたので早速設定することにした。

wee-slack

導入方法

READMEに書いてある通りに進めれば問題はない。

前提として

  • weechatが導入済みであること
  • python環境が構築されていること

最初にwebsocket-clientをインストールする。

pip install websocket-client

次に、wee-slackをgithubからダウンロードする。

ダウンロード先は、.weechat/python直下だ。
また、python/autoloadディレクトリも作成しておく。

midir -p ~/.weechat/python/autoload
cd ~/.weechat/python
curl -O https://raw.githubusercontent.com/wee-slack/wee-slack/master/wee_slack.py
ln -s ../wee_slack.py autoload

ダウンロード後にautoload直下にwee_slack.pyのシンボリックリンクを貼る。

次にweechatを開き、

/slack register

とすると、webブラウザが立ち上がり、CODEの含まれたURLが取得できる。
CODEを取得したら、

/slack register [CODE]

とし、

/python reload slack

とすればweechatがリロードされ、wee-slackが使えるようになる。