Date

タイトルの通り。

前提

  • macOS14.10.5
  • MacbookPro2017Mid
  • Homebrew 2.1.5

インストール

以下のコマンドを実行してhomebre経由でpluntUMLをインストールしていく。

brew install graphviz
brew cask install adoptopenjdk
brew install pluntuml

エディタ側の設定

僕はVimを使うので、VimにpluntUMLのSyntax-highlightを設定する。
pluginで一発。

"aklt/plantuml-syntax"

お好みのplugin管理pluginでどうぞ。

UMLを書く

ファイル拡張子を.umlにして、vimでファイルを編集する。
とりあえずのサンプルとして。

```uml:sample.uml @startuml

actor User participant "First Class" as A participant "Second Class" as B participant "Last Class" as C User -> A: DoWork activate A A -> B: Create Request activate B B -> C: DoWork activate C @enduml ```

ファイルを保存したら、plantuml <file_name>.umlを実行する。
*.umlファイルと同じディレクトリに*.pngが生成される。