Date

2019-05-01:商品リンクを追加しました。

電気圧力鍋がほしい!!

我が家では、生活をする上で、大きな柱となる衣・食・住のうち、の大半は僕が作っている。
うちの彼女(近いうちに嫁)の名誉の為に言っておくと、料理ができないとかいうわけではない。
単純に仕事が終わって家に帰ってくるのが僕の方が早いからだ。
晩ご飯を作る事が多い為、キッチンは僕の城となっている。

そんな中、煮込み料理を美味しくかつ速く、そして楽に作りたいと思う事があり、電気圧力鍋に興味が湧いてきた。

ホットクック一強?

ネットで"電気圧力鍋"とか調べると大体"ホットクック"が検索上位に表示される。
確かに良さそうだ。
混ぜ機能とか予約調理とか、あれば便利な機能がたくさんついてる。
しかも、無線LAN対応でレシピをダウンロードする事ができる機能までついている。
当然デメリットもある。
とにかくでかい。
そして高い(6万とか)。
初めての電気圧力鍋にそこまでの金額はちょっと怖いし、でかいと置く場所に困る。
というわけで、ホットクックは候補から外した。

シロカもいいぞ!!

次に気になったのが、台湾メーカーの出してるフュージョンクッカー
これはヨドバシカメラ京都店で、2万円くらいだった。
まぁお手頃価格だし、買ってみてもいいかなって思っていた。
しかし台湾メーカーってのが引っかかっていて、購入にあと一歩が出なかった。
その時見つけたのがシロカの電気圧力鍋だ。
シロカと言えば、安い調理家電メーカーの印象しかなかったんだけど、最近出した"かまどさん"で一気に技術力が高い安価な良家電メーカーになった感じがする。
(もちろん、"かまどさん"も欲しいけど、保温できないしなぁって事で安い炊飯器で玄米を炊く日々を送っている)
シロカの電気圧力鍋はヨドバシカメラ京都店で2万円ほど。
台湾メーカーの2万円と比べると安心感がある。
そして、機能も悪くない。
台湾メーカーは焼きものができるが、シロカはできない。
焼き物は別にフライパンでやるし別に必要なかったので、シロカを購入する事を決めた。

使ってみた

さっそく使ってみた。
作ったのは、無水カレー。
材料は、

  • 鶏もも肉
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • しめじ
  • トマト缶

の5つだ。
ちなみにトマト缶は最後にカレールーと一緒にいれた。
トマト缶以外の材料を切って鍋に入れて、蓋をしてメニューからカレーを選んでスタートを押すだけ。
加圧時間は10分。
その前の余熱とか圧抜きを合わせても30分くらい。
圧抜きが終わったら、トマト缶とカレールーを入れて温めボタンを押す。
ここも10分くらい。
もちろん、最初の30分とカレールーが溶けてなじむまでの温め10分の間、僕はなにもする事がない。
付け合せを作ってもいいし、シンクの洗い物を片付けてもいいし、キッチンから離れてゲームをしてもコードを書いてもいい。
つまり、鍋を見ておく必要がない。
これはよい。
あとはカレーの味次第だな…とか思ってたら出来上がったのでさっそくカレーを食べた。

お肉と野菜がふかふかのベッドみたいな柔らかさや~

もうね、なんでもっと早く電気圧力鍋を買わなかったのかを後悔した。
そのレベル。
まず鶏肉。
ホロッホロなの。
もう口の中で溶けるとかじゃなくて、ほどける。
鶏肉の繊維がはらはら~ってほどけるの。
おいしい。
次に野菜ね。
玉ねぎはどっかに行ってしまった。
にんじんは一晩煮込んだんですか?って感じの柔らかさ。
美味しいの。
久しぶりに辛口のルーにしたんだけど、辛いのに柔らかい。
美味しい。
すごい。
安物家電メーカーとか言ってごめんなさい。

すごいぞシロカ!

シロカはすごい。
"かまどさん"だけのメーカーとか思ってたけど、認識を大いに改める必要がある。
今後、調理家電を選ぶ場合は、シロカを候補に挙げることが増えていくと思う。
ちなみに次に欲しい調理家電はホームベーカリー。

お手入れも楽

主婦のみなさんの気になる、お手入れの仕方。
これも楽。
カレーって作ったあと、鍋にこびりつくんだけど、内鍋に残ったカレーはお湯でするっと流れた。
もちろん、洗剤を使って洗ったけどゴシゴシする必要もなし。
それと、内鍋が意外と軽い。
これならか弱い主婦でも簡単に取り外して洗うことができると思う。
あと、内鍋の温度が下がるのも早い気がする。
保温を切って15分くらいで触れるくらいまで温度が下がった。
それからさらに10分くらいで普通に持てる。
これなら、片付けもサクッとできそうだ。
内蓋もグイっとすれば外れるし、洗うのも簡単。
お手入れが楽なのは本当に助かる。

あえて不満を上げるなら

あえての不満とすれば、サイズ感。
やっぱり大きい。
我が家は大人2人だけど、よく食べる方なので大きいサイズを買った。
それ故かもしれないけど、大きい。
うん、収納場所とか考えた方がいい。
でも、電気圧力鍋界のトップである、ホットクックはもっと大きいみたいだし、これは仕方ない部分だと思う。

あと1点は予約調理ができれば神。
いや、衛生面とか考えたら難しいんだろうけど、予約調理機能が欲しいって人は多いと思う。
シロカさん、どうすっか!?

まとめ

シロカの電気圧力鍋を使ってみたレビューでした。
写真は気が向いたらアップすると思う。
それにしてもあんなに楽にお肉も野菜も柔らかくなるんだったら他の料理でも美味しくなったり、レシピの幅も増えるんじゃないかな?って勝手に期待してる。