Date

来年の手帳どうする問題

毎年冬になると考えるのが、「来年の手帳どうする?」って問題。
どうせ買って使うなら1月から使いたい派なので、年内に購入するんだけど、毎年迷ってします。

毎年5月ごろから手帳が白くなる

1月から手帳を使いたい!!とか言ってるくせに、毎年5月くらいから手帳は白紙ページが目立ってくる。
で、夏以降はほとんど使わなくなってしまう。

それでもやっぱり手帳が好き

白紙ページが目立って来ても、使わなくなってしまうと分かっていても手帳が好きだ。
と、いうよりもほぼ日手帳が好きだ。

高校3年の冬からだから、もう10年もほぼ日手帳を使い続けていることになる。
毎年、決まってオリジナルの月曜始まり。
もちろん過去の手帳はすべて取ってあるし、今後も余程のことがない限り捨てることはないと思う。

予定も日記もデジタル派だけど手帳を買う理由

そもそも、僕はデジタル好きなので、予定の管理はGoogleカレンダーを使っている。
日記も気が向いた時だけしか書かないけど、Blogに書いている。
ちょっとした思いつきなんかは、Twitterにツイートする。
メモはEvernoteだし、タスク管理はTodoistを使っている。
じゃあなぜ手帳を買うのか。
それは、単純に紙とペンが好きだからだと思う。
なにか考え事をする時、僕は手書きしないと考えがまとまらないタイプの人間で、
仕事中にコードやロジックをまとめる時はノートにペンで描く。
そうでないとどうも考えがうまくまとまらない。
本当は職場でもEvernoteやTodoistでサクサクっと管理したんだけどね。

まとめ

結局のところ、手帳が好きだから買う。
というか買った。
なんなら届いた。
手元にあるし、新しいLAMYのボールペンも買って、JETSTREAMのリフィルに換装した。
手帳はもちろんほぼ日手帳のオリジナル月曜始まりだ。
LAMYはSafariの赤で、手帳カバーは父親の作ったヌメ革の特製カバーだ。